くるみ保育園

改修前 Before

園の課題
くるみ保育園は0-2歳児の小規模事業所。園庭は狭いが、築山や砂場など、屋外遊びを豊かにする方法はないか

子ども環境学会のアドバイス Advice

帝京大の谷本先生の司会で、こども環境学会の小澤先生、同志社女子大の笠間先生、日本環境教育フォーラムの小堀先生からアドバイスをいただきました
  • ブロック塀が危険だし、圧迫感があるので、改修した方がいい
  • 保育室から園庭への出口が段差のあるコンクリートなので窓を開けると子どもから目が離せなくなる。縁側や人工芝などの工夫がほしい。
  • 園庭が狭いので、築山や砂場は現実的でない。移動できる遊具をそろえて、いろんな遊びができるようにした方がいい
    参考図書:「あなたが変える庭遊び」(東間掬子)
  • 遊具の倉庫が遠いので、遊具を使う機会が減るかもしれない。遊具の出し入れが簡単になるように遊具入れがあるといい。できれば子どもが選んだり片づけたりできるようにすればよい。
  • 緑がないので、隅にクローバーを播種したりプランターを設置したりするといい。そのためにもブロック塀は改修したい

改修後 After

  • 県補助とは別に、自費でブロック塀を撤去(隣地との土留めの役割を果たす4段を残して上4段を撤去)しクリーム色のフェンスを設置した。奥のブロック塀は次年度以降検討。
  • 保育室の出口前に擬木(樹脂)のテラスを設置し、テラス経由で園庭に出られるようにした。
  • 遊具を出し入れしやすいように、アンパンマンの遊具入れを設置した

いままで保育士が手を引いて玄関経由で園庭に出ていましたが、テラスで遊んだり、テラス経由で園庭に出られるようになり、外あそびがしやすくなりました!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です